浮気したい願望を叶えるだけでなくバレないツールを活用する

既婚者同士の大人のクリーンな恋愛関係 W不倫で秘密を確実に共有する

既婚者

不倫

即アポの割り切りだから束縛もない セックスレスの悩みや欲求不満を解消

割り切り

セックスレス

専業主婦に大人気の話題の出会い系 絶対にバレないで浮気したい人へ

主婦

SNSやアプリや出会い系など様々な方法で浮気したい欲望を満たす

現在の日本には浮気したいという欲望を満たしてくれる沢山のツールがあります。 SNSもFacebookだけではなくMixiやTwitterなどはLINEでもダイレクトメールでやり取りができます。 アメーバやその他の無料のブログやアプリやオンラインゲームのチャットでもDM機能がほとんどでありますので、同じような気持ちを抱える男性であっても女性であってコンタクトを取るのは難しくありません。 それでも相手は一切その様なつもりはなかった、実際にリアルで逢うのはNGという事も頻繁にあります。 そういった部分を考えると、やはりスピーディーな展開を求めるのであればやはり出会い系の掲示板が一番話が早いのではないでしょうか。 目的も方法もはっきりしていてジャンルも区切られているのでスムーズに見つけることができます。 注意しなくてはいけないのは絶対数の数です。 不倫や既婚者に特化しているものは女性向けのファッション誌や週刊誌などの大手人気メディアに広告を打っているわけではありませんので、登録者数が圧倒的に少ないのです。 オールジャンルの知名度が高く有名な会社の方が年齢や地域や希望の関係を本当に細かく絞ってもしっかりと候補を探すことができます。 お住まいの地域によってはアリバイを作ることが難しい可能性もありますので、絶対にバレないという状況で浮気したい方は複数に登録してより確率が高くリスクが少ない信頼できるパートナーを探しましょう。 特に結婚している場合は、万が一のことがあればリスクは計り知れないのですから、万全を期すようにしなくてはいけません。

理由は様々ですが浮気したいのは寂しさや心細さが関係している

基本的に浮気したいという気持ちが起こる理由は男の場合も女も別に千差満別で様々です。 夜の営みに不満を抱えている、旦那がEDになってしまった、早漏だったり、マンネリ化や回数に満足できていないというような肉体的なものが多くあります。 専業主婦が空いた時間の暇潰しに、次い出来心で、同窓会や飲み会から成り行きでという例もあります。 パートナーが相手にしてくれない寂しさや、一人でいる時の心細さ、共通の趣味やスポーツなどの集まりから等、様々です。 男性の場合は性欲が満たされない場合は風俗に行くという逃げ道がありますが、女性ではほとんどそのパターンは皆無ではありませんが、余程でなければ利用する事はないのではないでしょうか。 またキャバクラやスナックなどでお酒を飲む機会もありますが、近年ではホストクラブの数も増加してきましたがどこにでもあるというものではありません。 そういった意味ではストレスなどのはけ口がないという主婦が人気の出会い系サイトやSNSなどの方法でそういったバレない相手を探している状況はある程度仕方がないと言った考えもあります。 ほとんどのしたい、もしくは経験がある方の意見はバレなければ問題ないという言葉です。 実際に絶対にしているような雰囲気や空気感のそぶりを見せなくても、驚くほどの確率で経験をしているのです。 絶対に大丈夫と油断をしていると気が付かない間にあなたのパートナーもこっそりと、浮気したい願望があったり、もう既にそういった相手が存在するかもしれません。

いつのまにか強い浮気したい願望がパートナーに冷たくなってしまう

会社の同僚や近所のママ友の話などを聞いて心のどこかで浮気したいという願望が芽生えて、それが強くなってしまうと、いつのまにか気が付かないうちに妻や旦那に冷たくなってしまいます。 隣の芝生は青いというように、人間はないもの強請りをしてしまうのです。 もちろん人気の視聴率の高いテレビのドラマや映画などでも不倫やこういった恋のトラブルの現場は頻繁に登場します。 事実、そういったストーリーに憧れてしまったり影響を受けた専業主婦が昼過ぎから夕方のご飯の時間までにアプリや出会い系やSNSコミュニティサイトで掲示板にバレないような方法で書き込みをしたりメールを送ったり活発にアクション起こしています。 一度火がついてしまうと、なかなか消せないのが特徴なのです。 そうなってしまうと頭の中はそれ一色になり仕事や家事が手につかなくなってしまったり、今傍にいる配偶者やパートナーの話も疎かになったりしてしまいます。 これは男と女の間で特に差はなく、学生時代に遊んでいた癖が治らない事もあれば、ずっと真面目で一途な恋愛をしてきたケースでも急に変化する件もあります。 絶対にしてはいけない、バレなければ大丈夫、したいという気持ちは当たり前でみんなしている、絶対に浮気したい反面で離婚はしたくないなど感情は様々ですがどれが正解かは誰にもわからない事なのです。 もちろん性別を別に存在するモラルとして世間一般的に言えばしないほうが良いでしょう。 しかし、お互いコミュニケーションもなくつまらない生活を送っていた夫婦が離婚したことによりお互い結果的により幸せになったということも数えきれないほどにあります。

まだ浮気したい気持ちだけで制御可能ならそこで抑える重要性

今の時点で一回もしたことがない未遂であるならば、浮気したいという気持ちをコントロールして抑えることができるのであれば、それは非常に重要性が高いことです。 一度でも経験があるという事は、何度もしてしまうリスクが常に付きまといます。 制御可能であるのであれば未経験に越したことはないのです。 どこまでしてしまったら悪なのかのラインは確実に女性によってもそれぞれ異なります。 セックスだけではなくキスをしてしまったら、手を繋いだら、食事をしたら、厳しい場合にはそういった気持ちが起こってしまったらというケースもあります。 世の中には男性はほとんどの方がしたことがあるような空気感が合ったり、当たり前のことの様な風潮が少なからずあります。 しかし、愛する配偶者を裏切って悲しませるような行動をしていない、バレないで嘘を付いていないという事実は自分を精神的に大きく強くしてくれるでしょう。 それが意味があるかどうか、当たり前であるかどうかは結局自分自身で決めるしかないのです。 一度でもしたいという気持ちが勝ってしまって、した経験者が言うのは消すことのできない後悔と反省の気持ちです。 そのような罪悪感や一生消す事の無い事実をずっと背負っていかなくてはいけません。 そういったことに耐えられずにパートナーにバレていないにもかかわらず、別れや離婚を選択する方もいます。 逆にずっと心の底に抱えていた浮気したい気持ちやストレスや悩みが一度離れたことで、解消した方法やパターンもあります。 本当に愛する人が誰なのかを確認できたという意見もあるのです。 何が正しいか、正解かを判断するのは最終的にはやはりセレクトは自分次第になるのです。

このページの先頭へ